--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.04.21 *Tue

資金と資産1

違い?
個人的に感じたことなのですが……。
一般にデュエルマスターズをはじめようとしているプレイヤーには、カード資産(必須系カードなどカードの種類のこと)が足りないと思うのです。
小さな子供がカードゲームをはじめようとするには、カードをかう資金すらない。まぁ、大きなお友達はある程度資金はあるのですが……。


どれだけカード資金があったとしても、カードを購入するためのショップやそのショップに在庫がないと買うことができません。
そのカードの本質的な強さや、どんなカードがあるのか?という知識も足りないのです。
交換に使うのもカード資産が重要になってきますしね……


さて、自分が今回何を言いたいのかというと……。
カードの資産を持っているプレイヤーは資産を持っていないプレイヤーに色々分け与えるべきなのか?
ということ。




A「さぁ、皆がやっているから自分もカードを始めよう」
B「対戦しようぜ!」
A「買ったばっかりのパックで対戦だ!」

この状況だと、どっちが強いか分かりますよね。
もちろん、その後の展開はAが負けて、Bが勝つ。
パックを8パック買ったからといって一つの強いデッキができる訳ではありません。
スーパーレアが1枚入っていたところで強いデッキになるわけではありませんしね。
補助カード、妨害カード、強いカード。
これがバランスよく組み合わせていないと強いデッキにはならないのです。



はじめてプレイするプレイヤーには、情報が足りません。
「どんな補助カードがあるのか?」
「妨害する意味あるの?」
「強いカード入れまくれば強い!」

絶対的にそうだとはいえません。
強いカードが出ない事には力を発揮することはできませんし、補助や妨害を入れないと相手に強いカードを先に出されてしまうのです。



そして、はじめたばかりで弱いAさんは
A「勝てなくて詰まんないやめた」

となってしまう?


勝てれば楽しいのです。
プレイしているうちに勝つ楽しさというのが見えてくるのです。
では、勝つためにはどうすればいいのか?と考える人は考えるのです。
もっといえば、考える人は、相手のデッキがどうして強いのかを考えるのです。
そうして「カードの情報」というカード資産が増える……と自分は考えています。





情報のカード資産があるプレイヤーはどんどんと強いカードの情報を情報が少ない初心者プレイヤーに伝えるべきだと思います。
こんなカードが強い。
こんなバランスにするといい。
このデッキはこうしたほうがいいよ。

などなど。

逆にカードそのものの資産が多い人はぱっと与えて良いのか?
ちょっと今日考えさせられました。





その2へ
スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



カウンター

ezカウンター
リサイクルショップ東陽町 精神科賃貸住宅エクストリーム賃貸館オンリーワン物件





カード検索









検索フォーム





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 銀河の果てで、エスメラルダと…… All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。